F割

トイレでフェラ抜き
フリーターしてた時期があったんだけど、その時にスーパーで棚卸してたのね。
それで、いつも割引シールが貼られたものしか買わない女がいたのよ。割と仲間内でも話題になってた。
いつも、五時過ぎてからやってきてさ、それで肉とか魚とか半額のシールが貼られるのを待ってるの。
時々、早めに来て、物色してたりしてたな。なんか怪しい感じのおばさんで。
俺が、ちょっと外でタバコ休憩してた時に、話しかけてきてさ。タバコ一本くれって。
それで、まぁ、一本やったのよ。
そしたら、お礼にフェラしてやろうかって言われて。いやいや結構ですって笑って逃げるようにその場から立ち去ったよ。
後で聞いたら、そのおばさん、誰にでもF割持ちかけるような女だったらしいよ。
「あんなババアにF割とかありえないよな」なんてみんなで笑ってたけど。
「しかも知ってる?あのババア、F割で五千円って言うんだぜ」って。もうゲラゲラ笑ったよ。
あのババアでF割で五千円はないわーって、今時女子高生でもF割で三千円でOKな子もいるのにさ、ババアに五千円払うバカいないって。
なーんて話してたら、実は、そこの店長、五千円でそのババアにフェラしてもらってたらしいよ。
そんな噂を聞いた。
まぁ、そのすぐ後で、その店長なんかやらかしたらしくて、どっかに飛ばされてたけど。
俺も、そのバイト一年くらいで辞めちゃったから、その後、そのババアがどうしたか知らないけどね。
あらゆる意味で底辺な地区のスーパーだったから、そういう話もごろごろあったんだろうね。
お金くれる人

割り切り

なんかさ、旦那と話してたら、頭が痛くなってきちゃったんだけど。
割り切りで付き合ってた女がいたんだよね。それって浮気じゃん。浮気は許せないよ、妻として。
だから、それを盾に旦那を責めたの。そしたら、旦那が答えて言うわけよ。
「割り切りだよ!浮気じゃないだろ!」って。
私、この論法がよく分かんなくて、「浮気でしょ?何言ってるの?」って言い合いみたくなっちゃって。
旦那はね。こういう考え方みたい。
「浮気というのは、妻がありながら他の女性に夢中になってしまうこと」なんだって。
で、「割り切りというのは、ただの性欲処理みたいなものだから、浮気ではない」んだって。
愛人掲示板が閉鎖!心機一転パパ活して結んだ月40万の愛人契約
っていうか、最近、私とはご無沙汰なんだよね。私は性欲処理の役割としては不足ってことなのかな?
別に性欲処理の道具として扱われたいとは思わないけど、なんか、私とじゃセックスできないって言われてると思うと、悔しい気持ちになってきちゃって。
根本的に私と旦那の考え方ってズレがあるのか、お互い理解できなくて、傷つけあってたりするわけ。
しかも、旦那の方は私が傷ついてるなんて思いもしてないわけなのよね。
私も、自分が何気なく言った言葉で、旦那が傷ついてるなんて思ってもみなかったし。
言い合いの中で、旦那がさ、「お前は人の気持ちを逆なでしたり、無意識に傷つけてることが多い」って言われた。
なんのことかと思ったら、この間朝起きた時に「あれ、髪薄くなってない?」って私が言ったんだって。それがなんか無性に許せなかったって。
当然の、見たままの事実で傷つかれても困るって答えたら「ほら、また!」って言われた。

ゴム有

割り切り掲示板のホ別2の女に2万円払って学んだタダマンの秘訣
ゴム有でいつもはセックスするんだけど、その日は生理開始前のいわゆる「安全日」だったから、ゴムなしでエッチしたのね。
そしたら、彼「おぉ~、全然違う。やっぱ、ゴム有よりずっといいよ。密着してるって実感が違う」って感動してた。
私も、実はゴム有だとイマイチ気持ちよくないんだよねー。やっぱり生の方が敏感に感じられるかも。
毎回ゴムなしを期待されると困るけど、そりゃ、ゴム有の方が安心度は高いんだけど、たまにはさ、ちょっとお祝いしたい時とか、記念日とかにはさ、奮発したいじゃない?
その日さ、付き合い始めて一年目の記念日だったんだよ。
ちょうど、一年前の今日、彼氏が私に告白してくれたんだよね。
嬉しかったんだよね。私もずっと彼のこと好きだったから。
バイト先で出会って、それで少しずつ話すようになって、それで、いつの間にか好きになってて。
バイトの飲み会の時、帰り駅まで送ってくれて。それで、「俺ら、付き合っちゃう?」って肩抱かれて。
それで、初めてチューして。あの時のドキドキ感、今でも忘れてないよ。
次の日、電話くれたんだよね。「昨日は酔った勢いで言っちゃったけど、好きです。付き合って下さい」って。
ちゃんと言ってくれて。
ずっと忘れないだろうな、あの時の言葉。
そして、これからプロポーズされたりするんだろうな、どんどん、私の中に大事な言葉が積って行くんだろうなーなんて思ったら、私、もしかしてすごく幸せ?って気がついちゃって・笑

筆おろし

 僕の筆おろしをしてくれた女性は、出会い系サイトで知り合った女性なのですが、とても良い人でした。
 そもそも僕が出会い系サイトを始めた動機は、童貞を捨てたいというその一念からです。
 二十歳を迎える時の僕の焦りはそれはもう相当で、多少の器量悪しにも目は瞑るというくらいの思いでした。

 そういう気構えが、メッセージや実際会ってみた女性達にも伝わっていたのでしょうか。ここでも僕はあまりモテず、つくづく自分がイヤになっていた時のこと。

 僕の童貞の悩みをずっとメールで励ましてくれていた女性が、僕の住んでいる街の隣の都市まで用事で来るのだという。
 彼女は、

「よかったらこの機会に会って話してみる?」

 と言ってくれます。

 こうして、ずうっと童貞の悩みをメールで話していた女性と直接会ってみたわけですが、彼女は僕が想像していたような女性ではありませんでした。
 とても美人だったのです。髪の長い、透き通った肌をした女性でした。
童貞狩り体験談
 童貞の悩みなんかを熱心に聞いてくれた人だから、もっとパッとしない女をイメージしていたのです。

 彼女は、

「この際、私が筆おろしをしてあげよっか?」

 と、とても親身になってくれます。

「あなたが私で良いと思うのなら、だけど」

 もちろん諸手を挙げてお願い申しあげました。

 でも、彼女は僕の筆おろしをしてくれた後、どこかへ行ってしまいました。つまり、連絡が取れなくなってしまったのです。
 筆おろしだけでなくて、優しい彼女とずっと一緒にいたいと思っていたのに……
授乳手コキ
手コキ

チワワ

五年不妊治療しても子どもができなかったから、犬でも飼うかって旦那が言いだして。
私ももう40になったから、そろそろ潮時だとは思ってた。犬でも飼って、生活環境変えた方がいいかもって思ってね。
それで、一緒にどんな犬にしようかって話してたの。
そうしたら、旦那が「チワワ一択だ」って。「犬が飼いたいっていうより、チワワが飼いたい」って。
私、ぎょっとしちゃって。っていうのも、私が子どものころ、うちも犬飼ってたんだけど、ラブラドールだったから、ある程度の大きさがないと、散歩のし甲斐もないし、つまんないよ。
チワワなんて、あんな寒くもないのにいつもブルブル震えてる愛玩犬なんて、面白くもなんともない。
それで、大げんか。私、今まで旦那と思いっきりケンカしたことなかったんだよね。そう言えば。
バター犬
ほら、不妊治療とかでお互い無理を強いられてるのに、ここでケンカまでしちゃったら、離婚になるって本能的に分かってたから。
それでお互い色々溜めこんでたんだろうね。もう、今までこんなケンカ兄弟ともしたことないってくらいの、険悪な感じになっちゃって。
「お前がそんなバカな女だと思ってなかった!」なんて吐き捨てられてさ。
「私も、あなたがチワワなんて!チワワなんて!チワワなんて飼いたがる小さい男だと思ってなかった!」って。
「犬の大きさと男の大きさは反比例するんだぞ!」「例外もあるんじゃないの~?ここに」なんて本当に子どもみたいなバカなやりとりしたと思うわ。
それで、週末土日は顔を付き合わせればケンカしてたのね。
日曜日の夜は久しぶりに燃え上がるようなセックスしたんだけどね。